Month: 3月 2018

思春期ニキビの対策について

男性も女性も、10代から20代前半の時期というのは、男性ホルモンの影響から皮脂を生成する組織が急激に発達するため、どうしても皮脂が脂っぽくなってしまいます。

この時期に、洗顔をあまり行わなかったりすると、顔の皮膚の表面に余分な皮脂が残ったままになり、結果としてニキビができやすくなります。

これが、いわゆる「思春期ニキビ」と呼ばれるもの。

思春期ニキビの特徴は、春から夏に掛けての季節にできやすく、顔全体にちらばってできます。

このような思春期ニキビは、一過性な性質のため、大人になるにつれて、ホルモンのバランスが整ってくれば自然と治ってきます。

ただ、ニキビがひどい場合は跡に残ることもあります。

思春期ニキビの対策はシンプルで、洗顔をきちんとする、十分な睡眠をとる、皮膚に刺激を与えないことの3つです。

この時期は、皮脂が出やすいので、洗顔は朝と夜の2回は行うといいでしょう。

洗顔するときも、毛穴など、脂っぽいところを重点的に丁寧に洗顔して清潔にすることが大切です。

ただ、過度に洗顔を行うと、逆に皮脂を取り過ぎてしまい皮脂分泌が過剰になることもあるので注意が必要です。

また、クリームは乳液も冬場で乾燥している場合は別として、あまり使うことはおすすめできません。

この場合は、化粧水やノンオイルのジェルならOKです。

ファンデーションを塗る機会の多い女性なら、オイルフリーのタイプを選び、帰宅後はすぐにメイクを落として洗顔しましょう。

簡単にいってしまうと、油分の多い化粧品は全般的に避けたほうがベターです。

この時期は、ニキビケア化粧品を使うのがベストですね。

皮膚への刺激もニキビを悪化させる原因の一つです。

顔を手で触ったり、洗顔時に手でゴシゴシこすったりするのはやめましょう。

また、よくニキビを手で潰す人がいますが、あとで跡になって残る可能性があるため、触らないようにしてください。

また、髪の毛が顔にかかる状態でもニキビケアにはよくありません。

男性なら短髪、女性でも髪を結ぶなどの対策をすることをオススメします。

その他にも、睡眠不足になると皮脂の分泌が多くなり、毛穴に皮脂がたまってニキビができやすくなりますので、正しい生活習慣を送り、睡眠はしっかり取ってくださいね。

アルコールや喫煙については言うまでもありませんね。

10代~20代の思春期は食べ盛りの時期でもありますが、糖質や脂質はなるべく控えて、ビタミンB群などを積極的に摂って下さい。

みんなの肌潤糖クリアはニキビ跡をも消してくれるの!?